『死ぬまで働く』ということを考える

こんにちは

SUNNEXT転職エージェントの島木です。

転職エージェントというお仕事をしていると、仕事をお探しの応募者の方とたくさんお会いします。

そして、最近すごく多いのが、60歳以上の高齢者の方たちです。

「年金が少ないから動ける間はずっと働かなきゃいけない」

という方が多いのですが、意外にも

「働かなくても生活には困らないけど、ずっと家にいると頭がおかしくなりそう」

なんていう人もいます。

60歳で定年退職、隠居生活などははるか昔の話。

定年退職祝いに贈るプレゼントのマナー。NGな品物や金額相場は?|気になるお金のアレコレ:三菱UFJ信託銀行

定年も65歳までになった会社も珍しくはなく、そこから

「さて、これからは現役バリバリではないけど、とりあえず何か働き口はないものか?」

となるわけですが、ここからの仕事探しは『非常に厳しい』ということをお伝えしておかなければなりません。

60歳、65歳という年齢は『仕事を選べる年齢』ではないのです。

老人性うつ(高齢者うつ)とは?認知症との違いや対処法|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

表現を変えると『就ける仕事に就くしかない状況』ということですね。

このように高齢の応募者の方たちと面談をすると毎回思うことがあります。

「この人とあと10年いや、15年早くお会いしてアドバイスをしたかった」と。

年金だけで老後を暮らせる時代は終わっています。

どのみち70歳過ぎまで働くことになるのなら、仕事を切り替える節目は60~65才の定年退職ではないのです。

まだかろうじて仕事の選択肢が広い40代中盤から50才までの間にできるだけ多くのお仕事を試していただきたい。

そこで『70歳を過ぎても続けられる仕事』を見つけてもらいたいと感じます。

あるいは『70才を過ぎても食べていける何かしらのスキル』を身に着けていただきたい。

『第2の人生は定年退職後』

この考えは捨てて、40代のうちに『70歳までの第2の人生のヴィジョン』を描いていただきたい。

そう、強く思います。

一念発起」の意味や由来とは?使い方の例文や類語・英語を解説 | TRANS.Biz

そこで本日おすすめする書籍がこちら。

こちらの本はベストセラーになった『ずっとやりたかったことをやりなさい』の続編というか、定年退職をしたあとの人に向けたもので、頭に『いくつになっても』と言う言葉がついています。

つまり、対象読者を60才以上の人に設定してあるわけですが、あえてこれを私と同じ40代の人におすすめしたいです。

自分の第2の人生を見つけるための方法として

1⃣モーニングページ(日記)

2⃣メモワール(これまでの人生の詳細な振り返り)

3⃣アーティストデート(未経験のことをやってみる)

などが紹介されています。

Amazon | アンティーク 日記帳 ボールペン付属 メモ帳 魔法 文具 学校 無地 ノート 櫻文庫 | 日記帳 | 文房具・オフィス用品

世の中には『やりたいことの見つけ方』に関する自己啓発本は山のようにあり、ほとんどの方が読んだだけで『ホントの自分が見つかった気がする』ということはよくあります。

しかし、本を読んだくらいで自分の本質が分かれば誰も苦労しませんよね(笑)。

この本は実践方法を紹介していますので、やって試してみなくては何も見つかりません。

私は1年間この本に書いてあることを実践してみて非常に効果がありましたので、おすすめします。

あなたが『第2の人生』を考えるタイミングはそんなに遠い将来ではありませんよ。

それではまた。

 

 

この記事をSNSでシェア!